English
印刷用ページへ
佐藤和孝(Kazutaka SATO)

1956年北海道生まれ。
1980年旧ソ連軍のアフガニスタン侵攻を取材。ほぼ毎年現地を訪れている。
2001年9月11日、アフガニスタンで取材中にアメリカ同時多発テロが発生。国連やNGOの外国人職員が国外へと退去するなか現地に留まり、日本テレビの中継などを通じて報道を続けた。
2003年3月イラク戦争開始直前にバグダッド入りし、空爆下の現地から日本テレビのニュース番組に200回を超える中継を行なう。現在もイラク全域の取材を続けている。
他に、ボスニア、コソボなどの旧ユーゴスラビア紛争、フィリピン、チェチェン、アルジェリア、ウガンダ、インドネシア、中央アジアなど20カ国以上の紛争地を取材。写真とペンに加え、90年より報道ドキュメンタリーも制作。
NHK日曜スペシャル、日本テレビのニュース番組などでドキュメンタリーの制作や現地からの中継を行なっている。
2003年度ボーン・上田記念国際記者賞特別賞受賞
主な作品に「サラエボの冬〜戦禍の群像を記録する」「アフガニスタン果てなき内戦」(NHKBS日曜スペシャル)最新著書「戦場でメシを食う」(新潮社)

BOOK 著作>>



山本美香(Mika YAMAMOTO)


1967年山梨県出身。
1990年朝日ニュースター入社。
報道記者・ディレクターとして雲仙普賢岳の災害地などを取材。 90年から小型ビデオを使ったビデオジャーナリズムの手法でドキュメンタリーやニュース番組を制作。 95年からジャパンプレスに所属。03〜04年には日本テレビのニュース番組「きょうの出来事」のキャスターを務める。
96年からタリバン支配下のアフガニスタンの取材を続け、女性たちの暮らしをリポート。タリバンへの取材もおこなう。
2001年にはアフガニスタン空爆やカブール陥落を取材。
2003年3月イラク戦争を空爆下のバグダッドで取材。その後もイラクを継続的に取材している。
他に、コソボ、チェチェン、インドネシア、ボスニア、ウガンダなどを取材。
2001年アフガニスタン報道で日本テレビ社長賞受賞
2002年第26回野口賞受賞
2003年度ボーン・上田記念国際記者賞特別賞受賞(イラク戦争報道)
2004年ウーマン・オブ・ザ・イヤー2004キャリアクリエイト部門賞受賞
2006年日本女性会議2006基調講演
主な著書「中継されなかったバグダッド」(小学館)「ぼくの村は戦場だった。」(マガジンハウス)「戦争を取材する」(講談社)

BOOK 著作>>



藤原亮司(Ryoji FUJIWARA)
1967年大阪生まれ。
1997年よりフォトジャーナリストとしての活動を開始。
パレスチナ自治区やイスラエルをはじめ、レバノン、ヨルダンなど周辺国を含めたパレスチナ問題を継続的に取材。
他に、コソボ、アフガニスタン、国内では在日韓国・朝鮮人の生活風景を記録し続けている。






English