THE JAPAN PRESS

0006 
サラエボ 子供たちは廃墟となったホテルで遊んでいた
1993 Kazutaka Sato
0007 
バーミヤン その昔、僧侶たちが修業した洞窟で暮らす避難民
1997 Kazutaka Sato
0008 
アフガニスタン北部 国技ブズカシの騎手
2000 Kazutaka Sato
0009 
ISISが立て籠るモスルから家族と脱出してきた男
2016 Kazutaka Sato
0010 
ウクライナ ドネツク国際空港
2016 Kazutaka Sato
0001 
タリバンと対峙する北部同盟。最前線基地
2001 Kazutaka Sato
0002 
ISISの人間の盾となっていた少女
2017 Kazutaka Sato
0003 
ISISから開放されたモスルの街
2017 Kazutaka Sato
0004 
囚われたタリバン兵
2000 Kazutaka Sato
0005 
ISISが立て籠るモスル旧市街から脱出してきた親子
2017 Kazutaka Sato

News

2019.2.9
日テレNEWS24にて、佐藤和孝が出演する『特集 戦場を歩いてきた』が配信されています。
#47「復讐の連鎖」
2019.1.28
リニューアルオープン

Member

佐藤 和孝佐藤 和孝Kazutaka SATO

1956年北海道生まれ。横浜育ち。1980年旧ソ連軍のアフガニスタン侵攻を取材。ほぼ毎年現地を訪れている。2001年9月11日、アフガニスタンで取材中にアメリカ同時多発テロが発生。国連やNGOの外国人職員が国外へと退去するなか現地に留まり、日本テレビの中継などを通じて報道を続けた。

他に、ボスニア、コソボなどの旧ユーゴスラビア紛争、フィリピン、チェチェン、アルジェリア、ウガンダ、インドネシア、中央アジア、シリアなど20カ国以上の紛争地を取材。写真とペンに加え、90年より報道ドキュメンタリーも制作。NHK日曜スペシャル、日本テレビのニュース番組などでドキュメンタリーの制作や現地からの中継を行なっている。

2003年度ボーン・上田記念国際記者賞特別賞受賞(イラク戦争報道)。主な作品に「サラエボの冬~戦禍の群像を記録する」「アフガニスタン果てなき内戦」(NHKBS日曜スペシャル)著書「戦場でメシを食う」(新潮社)「戦場を歩いてきた」(ポプラ新書)

続きを読む
山本 美香山本 美香Mika Yamamoto

1967年山梨県生まれ。1990年朝日ニュースター入社。報道記者・ディレクターとして雲仙普賢岳の災害地などを取材。 90年から小型ビデオを使ったビデオジャーナリズムの手法でドキュメンタリーやニュース番組を制作。 95年からジャパンプレスに所属。03~04年には日本テレビのニュース番組「きょうの出来事」のキャスターを務める。96年からタリバン支配下のアフガニスタンの取材を続け、女性たちの暮らしをリポート。タリバンへの取材も行う。他に、コソボ、チェチェン、インドネシア、ボスニア、ウガンダなどを取材。

2001年アフガニスタン報道で日本テレビ社長賞受賞
第26回野口賞受賞(2002年)、2003年度ボーン・上田記念国際記者賞特別賞受賞(イラク戦争報道)、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2004キャリアクリエイト部門賞受賞(2004年)、日本女性会議2006基調講演(2006年)

2012年8月20日、シリア内戦の取材中、アレッポにてシリア政府軍の銃撃を受け、逝去。

山本美香記念財団

続きを読む
藤原 亮司藤原 亮司Ryoji FUJIWARA

1967年大阪生まれ。1997年よりフォトジャーナリストとしての活動を開始。パレスチナ自治区やイスラエルをはじめ、レバノン、ヨルダンなど周辺国を含めたパレスチナ問題を継続的に取材。

他に、コソボ、アフガニスタン、国内では在日韓国・朝鮮人の生活風景を記録し続けている。

続きを読む

Publication

戦場を歩いてきた佐藤和孝(2017)
戦場で起きているのは、殺し合いだけではない! 50枚以上の秘蔵カラー写真が伝える戦場でたくましく生き抜く人びとの営み。
ガザの空の下藤原亮司(2016)
紛争が長く続くなか、筆舌に尽くしがたい過酷な環境で生きるガザの人々の深い悲しみと強い怒り。 一方で、日本人の私たちと同じような日常と人生がある。「それでも明日は来る」ことは希望なのか残酷なのか。
これから戦場に向かいます山本美香(2016)
伝えたい。人間として、ジャーナリストとして。2012年8月、シリア内戦を取材中に銃弾に倒れた戦場ジャーナリスト・山本美香からのメッセージ。
戦争を取材する山本美香(2011)
少年達の未来を信じたい! 地雷で脚を失ったアデム、ゲリラに誘拐され兵士にされたターティ、目の前で友達を殺されたアブドゥヌール……。明日をも知れぬ毎日ですが、それでもみな、一日一日を懸命に生きています。
山本美香が伝えたかったこと山本美香(2014)
女性ジャーナリストが紛争地や被災地へ足を運び、伝えたかったこととは何か。山梨日日新聞紙上の寄稿・取材・インタビューを集成し、故・山本美香さんのまなざしを辿る。
山本美香という生き方山本美香(2013)
イラク戦時下のバグダッド潜入レポートと、公私にわたるパートナーであったジャパンプレス代表・佐藤和孝氏への取材を通し、国際ジャーナリストとして、そしてひとりの女性として鮮烈に生きた彼女の素顔に迫る。
ザ・ミッション山本美香(2016)
戦場のただなかで、災害の現場で、ひたすら人々の生と死を取材し自らの使命を問いつづけついにシリア、アレッポで凶弾に斃れた女性ジャーナリストの最後のメッセージ。2012年春、早稲田大学での講義の記録。
戦場でメシを食う佐藤和孝(2006)
死と隣りあわせで人は何を食べるのか? 戦場からの中継でお馴染みのジャーナリストが食べることに拘り、世界の紛争地に生きる人たちの実態を迫真レポートする。

Contact

下記のメールフォームからお問い合わせください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
お問い合わせ内容

郵便物など

ジャパンプレス
167-0051
東京都杉並区荻窪3-36-14 1F